すぐ使うわけではなく保存したいのなら

さつまいもを冷蔵庫に入れることはやめましょう。寒さに弱いという野菜ですので、冷蔵庫の中ではすぐに悪くなってしまいます。新聞紙で巻いて室温に置いたなら長持ちしますが、長期間甘みを感じることが可能なように、置けるものなら風通しが良くて涼しい場所を調べて保存してください。甘いものを食べると体重を増やすと聞かされるため、さつまいもは太りたくない人の邪魔になると思う方は多数ですが、現実はその反対で、ダイエットにぴったりです。体重が落ちる理由は、食物繊維が豊富だからです。便秘で苦しい方も、しょっちゅうさつまいもを食すればぽっこりがなくなって気持ち良いだけでなく、体重も下がって完璧です。赤ちゃんの食べ物である離乳食に使うなら、さつまいもはいいですよ。栄養価が高く甘さがあるため、特に調味料無しで単純に加熱しただけで食べ物になります。赤ちゃんは自然のままの味を好きになることが大切ですので、離乳食を食べさせるならなめらかになるまでボイルしてから、つぶして食べれる形にして、少しづつあげてみましょう。
http://xn--eckr4nmbzex53zgia659c.net/